ノーベル生理・医学賞関連銘柄

ノーベル生理・医学賞とは?

ノーベル生理学・医学賞はノーベル賞6部門のうちの1つです。「生理学および医学の分野で最も重要な発見を行った」人物に与えられるものです。選考はカロリンスカ研究所のノーベル賞委員会が行います。

10月5日に発表されたノーベル医学生理学賞に大村智・北里大特別栄誉教授ら3人が選ばれました。日本からの受賞は、昨年に続き2年連続となりました。

ノーベル生理・医学賞関連銘柄

4572 カルナバイオサイエンス

北里大学北里生命科学研究所と共同で新規マラリア治療薬の開発研究を行っている事から物色される可能性が高い銘柄です。

9978 文教堂ホールディングス

今回ノーベル生理・医学賞を受賞した事からノーベル文学賞にて村上春樹氏の受賞に対する期待が高まり、物色される可能性が高いといえます。

4557 医学生物学研究所

ノーベル賞の有力候補者と研究実績があると目されていた銘柄です。こちらも物色される可能性ありです。

4583 カイオム・バイオサイエンス

独自の抗体作製技術を持つ理化学研究所発の創薬ベンチャーである事から物色される可能性あり。同社の収益源は、医薬品候補抗体導出、またその技術供与になります。

4978 リプロセル

iPS細胞の研究試薬や創薬支援、臨床検査事業を手掛ける同社は、東大や京大と共同研究契約をしている会社です。ノーベル賞に関連して物色される可能性が高いといえます。

3953 大村紙業

本業はダンボール製造の為、まったく関係ありませんが大村のアルゴで買われる可能性ありです。

8889 アパマンショップHD

こちらも本業は賃貸不動産の仲介、管理が主力の会社である事からまったく関係はありません。しかし同社の社長の名前が大村な為、こちらもご祝儀買いが入る可能性ありと言えます。

                   
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.